モンゴルNPO活動

第10回 孤児院支援会 ウヌルブル

第10回孤児院支援会

【支援先】ウヌルブル(Unur bull)

【日時】2023年4月29日(火) 12:30~

 

第10回孤児院支援会は、私たちの活動を知りSNSを通じて繋がったアルタイさんとのご縁で、支援会の開催となりました。

アルタイさんは、モンゴルでサッカー選手としてU-15で活躍していたところ、特待生として高校3年間、日本へ留学していたそうです。またまた、サッカーから繋がった今回のご縁✨

支援先は、ウヌルブル。日本語で「豊かな家族」という意味だそうです。両親がいない、または面倒が見てもらえないという2歳~19歳までの子ども達が162人が暮らしています。ここにいる子供たちは、スポーツが盛ん。バスケットの選手や体操、中には柔術の大会で優勝した子もいました。

支援物資は、サッカーボール、タオルやお菓子、おもちゃ、衣類などを支援いたしました。またアルタイさんからは、大会ユニホームを20着ご支援いただきました!!

今回は、モンゴルサッカー代表の大塚一郎監督にもご参加いただき、子ども達に向けて「夢」についてお話をしていただきました。監督自身も、若いころサッカー選手として悔しい思いをした時に、このままで負けたくないという一心で目標「夢」を持ちました。30年たった今でも「夢」を追い続け、今実現に向かっているとお話してくださいました。楽しいこと、プラスになることを言い続ければ、夢は叶うと熱く語っていただきました。モンゴル支援会モンゴル支援会

第4回 孤児院支援会 モンゴル児童青少年育成訓練センター 2021.11.06

第4回孤児院支援会

【孤児院名】モンゴル 児童青少年育成訓練センター

【日時】2021年11月6日(土)14:00~17:00

【会場】モンゴルレストラン郷

メインスポンサーとして長野県伊那市 有限会社ファットエヴァー様にご支援いただき、またモンゴルサッカー代表監督の間瀬秀一監督、代表チームスタッフの皆様ご協力のもと報告会を開催することができました。

今回は、パソコン8台とボール、食料品等支援させていただきました。

モンゴルでの活動実績